自分で考え仕事の成果を出す ―社会人ってどんな感じ?(1)

LINEで送る
Pocket

「言われたことをただやっているだけではだめだ!」
これは、社会に出たばかりの新人が上司や先輩に注意されがちなことです。

社会人は学生と違い、自分で考え、自分の判断で仕事の成果を出すことが求められます。
とはいえ、何の基準もなく「とにかく自分で考えろ」と言われても、急には難しいものです。

そこで必要となるのが「仕事の成果を判断するうえでの考え方のポイント」です。
これを知っているかどうかで、社会人として大きく差がついてきます。

■仕事の成果を判断するポイント「QCDRS」

仕事の成果を判断するポイントは、挙げ始めたらきりがありません。
しかし、よほど特殊な職場を除けば、5つの要素さえ押さえることができれば
社会人としては十分な判断ができるといえます。

その要素とは、
Quality(製品・サービス品質):相手が満足する水準以上であるか
Cost(コスト):より低コストであるか(時間・人件費等も含む)
Delivery(納期):納期は守れているか
Risk(リスク):リスクを把握し予防できているか
Sales/Service(セールス/サービス)
 :売上や契約高などの向上や仕事の価値拡大につながるか
以上の5つです。

■QCDRSのバランスを考える

ひとつひとつの要素をクリアするのは簡単です。
しかし、この5つの要素をバランスよく追求することが、社会人には求められます。
例えば課長から「明日の営業会議用にこの資料を30部コピーしてくれ」
という依頼があったとします。この仕事を引き受けるにあたって、どこに留意すべきでしょうか?

QCDRSに沿って、
「コピーした資料に汚れはないか(Q)」
「両面コピーで紙を節約できないか(C)」
「明日の何時までに仕上がればいいか(D)」
「コピー機は使える状態にあるか(R)」
「この資料を加工したり、配布先を広げたりして再活用できないか(S)」
ここまで考えることが望まれます。

たかがコピー、されどコピー。ここまでできてやっと社会人として合格といえるのです。

次の記事はこちら↓
社会人の「勉強」とは? ―社会人ってどんな感じ?(2)

学生の皆さんの就職活動を応援・支援します!
「自分らしく楽しく働く」社会を目指したいですね♪

LINEで送る
Pocket

to top