企業とのミスマッチを防ぐために参加! ―説明会に足を運んでみよう(3)

情報収集の手段としてプレエントリーしたら、
気になる企業の説明会へ参加してみましょう。先輩の経験談を聞いてみました。

■説明会の席は争奪戦!?

説明会では、企業概要の説明はもちろんのこと、
各部署の業務内容や、実際のプロジェクトの紹介が行われます。
先輩社員の話も聞くことができたほか、採用担当者がESで重視するポイントを
伝えてくれた企業もありました。

会場の席数が少ない場合や人気の企業は、説明会の予約が
すぐにいっぱいになってしまうことがあり、行きやすい会場、時間帯は争奪戦でしたね。

動画やリアルタイム配信で説明会が行われる場合もあります。
動画は自分の都合の良い時間に視聴することができ、席の予約を焦らずにすみました。

また、リアルタイム配信の場合は会場での緊張感がない分、リラックスして説明を聞くことができます。
採用担当者がチャット機能で質問に答えてくれる時間もあり、疑問点が残ることもありません。
会場で手を挙げて質問するよりも気楽です。

説明会に参加するまでは、情報を知る手段が就活サイトと企業の採用ページぐらいしかありません。
私は、その充実度と情報量で「説明会に行きたい」という気持ちが左右されました。
企業ページには、できるだけたくさんの情報が載っているとありがたいですよね。

■企業を知ることで、納得のいく決断ができる

企業のことを知らなくては、「自分に合っているかどうか」は分かりません。
企業によっては、就活生向けに特設ページを開設していることもあります。
ぜひそこをしっかりと読んでください。
そして、可能な限り、説明会に足を運んでください。
社員の雰囲気、人となりや、何にやりがいを感じているかなどの話を聞くことができるでしょう。

働く人の表情を見たり、生の声を聞いたりすることで、就活サイトでは感じることのできない
「非言語」の情報を得ることができます。
「知らない」という不安は「知る」ことで小さくなっていきます。
自分で集めた情報に基づいて下した決断は納得ができるはずです。

次の記事はこちら↓
【番外編】合同説明会の良いところ  ―説明会に足を運んでみよう(4)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。