就職活動におけるそれぞれの選考手段を知っておこう ―企業の選考プロセスを考える(1) 

企業にとって、新卒採用は、
自社・組織で活躍する貴重な人材を確保するために欠かせない、
大事な企業活動のひとつです。

それぞれの企業がそれぞれの工夫やノウハウを駆使して、
自社に入社の後、活躍が期待できる人材を確保しようと試行錯誤しています。
選考プロセスは企業によって実施する内容も順番も様々です。
一般的には以下のようなプロセスです。

・書類選考
・筆記試験・テスト・診断
・グループディスカッション
・グループ面接
・個人面接
・役員面接
・座談会・面談(リクルーター面談)

企業(人事・採用担当者)はそれぞれの選考プロセスで、
様々な角度から就活生の行動や思考の傾向、性格、人格、適性などを確認、
評価し、自社で活躍する可能性があるかどうかを判断しています。

次の記事はこちら↓
書類選考で見られているポイント ―企業の選考プロセスを考える(2)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。