両立できる?就活とバイト ―先輩たちが抱いていた不安シリーズ(8)

今回も、就活を終えたばかりの先輩たちに、バイトとの両立について聞いてみました。

Aくん:
週ごとに出勤できるシフトを提出すればよかったので、
前の週に申告できればほぼ問題なしでした。就活とは両立しやすかったと思います。

Bさん:
私は塾講師をしていたのですが、前もって休む日を伝えておくと、
授業の振替などの対応をしてもらえました。
また、生徒の保護者の理解を得られていたのも大きかったですね。

Cくん:
3年生の2月から休職という形にしてもらって、就活が終わってから復帰しました。
しばらく休みたいと上長に伝えた時は、すごく嫌な顔をされました(笑)。
口では「いいよ、いいよ」と言っているのに、ふとした時に「いないんだ……」とつぶやいていて。
ちょっと休職しづらい空気でしたね。結局、元通り復帰したんですが。

Dさん:
いきなり「この日、休みます」と伝えるのではなく、最初に誰か代われる人はいないか探しました。
もしそれでもダメだったら、上長に申し出るように心がけましたね。
その時も、「他の日に振り替えることは可能ですか」と切り出すようにしていました。

ところで、就活とバイトの掛け持ち、大変ではなかったのでしょうか。

Aくん:
バイト先の人に話をきいてもらうと気晴らしになります。
みんな心配してくれていたので、思う存分グチっていました(笑)。

Bさん:
バイト先には後輩の3年生が多かったので、みんなから質問攻め。
私は自分のことをいろいろと話せるので、ストレス発散になりましたね。

Cくん:
もともと好きなお店だったこともあって、バイト先はリラックスできる場所でした。
先輩たちが私の就活ネタを話題にしてくれるので、バイト中はそんな時間が楽しかったです。

次の記事はこちら↓
撮らないと始まらない!証明写真 ―先輩たちが抱いていた不安シリーズ(9)