スーツやネクタイはどうする? ―先輩たちが抱いていた不安シリーズ(3)

就活を始めると、ちょっとしたことで悩みますよね。
今回はスーツとネクタイについて、就活経験者の方々にどうしていたのかを聞きました。

■スーツとネクタイに関して

インタビュアー:
就活時のスーツは何着くらい用意していましたか?

就活経験者Aさん:
私は、スーツ1着しか買いませんでしたが、洗える素材のものを選びました。
夏の就活は汗をたくさんかくので、洗えるスーツで良かったです。
また、シャツは何枚も用意して、いつも清潔でいられるようにしました。

就活経験者Bさん:
僕は、就活を見越して、大学入学のタイミングでスーツを3着購入していました。
アルバイトの塾講師としてスーツを着る機会も多くありましたし、
身体に合ったスーツで就活できたのは良かったと思います。

インタビュアー:
ネクタイはどうですか?

就活経験者Bさん:
ネクタイは8本ぐらい持っていました。これもアルバイトの塾講師で使っていました。
就活用に、えんじ色、赤系、青系のネクタイを店員の薦めで購入しました。

インタビュアー:
ネクタイは最初は結ぶのが難しそうですが、どうやって結べるようになりましたか?

就活経験者Bさん:
ネクタイの結び方は、父に教えてもらったり動画を見たりして結び方を覚えました。
動画だと自分の目線から見たネクタイの結び方を見ることができ参考になりましたね。

キーワードは、「清潔感」、「着慣れた」感じを身に付けること、のようですね。
就活は長い戦いです。自分に合うスーツやネクタイを見つけて、
不安材料なく、全力で面接に臨めるようにしましょう。

次の記事はこちら↓
どんな就活バッグが必要? ―先輩たちが抱いていた不安シリーズ(4)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。