金銭面から、将来のことを考える ―現実的に生活にかかるお金を計算してみる(2)

■金銭面から、将来のことを考える

「自分が想像している暮らしをすべてお金で計算してみなさい」

都内の1LDKの家賃を調べて愕然としている私に、先輩はこう言いました。
「どうせ自炊して節約するとか考えているんでしょ。
それは無理だよ、あなたの場合は絶対に」
図星でした。

朝ご飯はコンビニのパンを買うことになるし、昼ごはんは同僚とランチに出かける。
夜は飲み会があったり、コンビニ弁当を買ったり、お惣菜屋を買ったりすることになる。
慣れない仕事に疲れてきたら、料理が趣味でない限り、そうなるでしょう。
「それを全部100円単位で計算してごらん」と先輩は笑います。

週末だって学生時代の友達と再会したいと思うだろうし、
会社の同期と出かけて遊ぶこともある。
好きな本や服だって買いたいだろうし、出会いがあればデートに出かけて出費もかさむ。

「年に一度は海外旅行に行きたいなぁ」と言う私に先輩は、
「自分らしく、自分の思うように生きたいと思うと、結構お金がかかるものだよ。」と。

次の記事はこちら↓
自分らしく働き、生活をする ―現実的に生活にかかるお金を計算してみる(3)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。