数字から企業を観るポイント ―企業選びのポイント(6)

会社の選び方のひとつとして、「数字から企業を観るポイント」をお伝えしたいと思います。

■ポイント1 全社員数に対する新入社員の割合

全社員数に対する採用人数の割合を同じ業種の企業と比べてみて
・割合が高い
 →倍率の面では入りやすい?
  離職率が高いかも?
・割合が低い
 →競争率は高い/少数精鋭主義?
  入社後の指導は懇切丁寧かも?

■ポイント2 社員一人当たりの利益率

 総売上金額÷総社員数=社員一人当たりの売上金額
 利益金額÷総社員数=社員一人当たりの利益金額

売上とは、単純に商品・サービスが売れた総額を指し
利益とは、売上から経費(人件費・原材料費など)を差し引いた「儲け」を指します。

  →業界が異なるとモノの「単価」が異なります。
   単純には比較しにくいので、このあたりも検討材料になります。

■ポイント3 キャリアパス

 最短で役職が付く年齢は何歳か?
 →職位が細かく存在する会社と、そうでない会社があります。
 例えば「課長」という役職に若くしてなれる可能性がある組織か、
 かなりの年数を必要とする組織か。
 役職(肩書き)=権限です。

 かつて、その企業にいて、独立・起業した人が多いか少ないか
 →将来、起業を考えている人は重要視すべきポイントでしょう。

次の記事はこちら↓
企業選びのコツは「自分を信じる」こと ―企業選びのポイント(7)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。