楽しく働いている人に共通すること -自分らしく働く(3)

「自分らしく働く」という言葉。

 

時に、人は、この言葉をつい自分に都合よく捉えすぎて、

「自分の望み通りに働く」「自分が好きなように働く」と解釈したり、

飛躍して「これこそが良い」「働く者の権利だ」と主張したりします。

 

でも、「自分らしく働く」ことには、大きな前提が隠れているのです。

 

「働く」とは「稼ぐ」こと。

「組織で働く」とは「組織に貢献することが求められている」こと。

 

・・・この前提なくして、「自分らしく働く」ことが

周囲に本当に受け容れられるかというと疑問です。

 

組織、主に民間企業は利益を出し続ける必要があります。

企業が人を採用するのも、利益を確保するためです。

非営利団体で働くとしても、“成果”は求められるのです。

 

採用活動を通じて企業は、自組織に利益をもたらす人材、すなわち、

「貢献してくれる人材」を探している。

 

就活生のみなさんも、働く私たちも、これを忘れてはいけません。

 

そう、組織は成果を出し、貢献してくれる人材を探しています。

これが大きな前提です。

 

でも、だからといって、「組織の言いなりになって働かなければいけない」

というわけでもありません。

 

自分らしく、自分が好きなこと、得意なこと、夢中になれることが、

組織が求める「貢献」と一致する。

 

自分らしく活躍することが仕事になれば、

働くって、決して苦でもなく、憂鬱でもないですよね。

 

実は「働くって楽しいよね!」と笑顔で仕事に取り組む人は、

このマッチングを成功させている人なのです。

 

 

次の記事はこちら↓
大切にしたいものは何かを知っておこう -自分らしく働く(4)

 

 

 

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。