自分が求める働き方を見つけよう -自分らしく働く(2)

もちろん、「大手企業に入って、安定した生活を送りたい」あるいは、

「有名な企業に入って、皆に自慢したい」という価値観を持ち続ける人もいます。

 

でも、社会に出てみると、学生の時に考えていたほど、

「大企業であるほど、生活が安定する」わけでもなく、

「中小企業だから、ひもじい想いをする」というわけでもない、と気づき始めます。

それに加えて、企業の知名度や有名度も気にならなくなってきます。

 

久々に再会した旧友との会話も、そのうち、

「どこに勤めているの?」から、

「最近はどんな仕事をしているの?」という内容に変わっていくでしょう。

 

有名な大企業から小さなベンチャー企業に転職して、

「こっちの方が自分のやりたいことに近いって気づいたから」

と言いながら生き生きと活躍する人も現れます。

 

そうです。今、世の中は多様性に溢れているのです。

 

就職活動に臨むみなさん。

 

「本当に自分が求める働き方とは、どんなものだろうか」

「自分らしく働くとは、どういうことだろうか」

・・・社会に出る前に、一緒に考えてみませんか。

 

自分らしさとそれを受け入れてくれる企業・職場とのマッチング。

それこそが就職活動であり、社会人として自分らしく

仕事を始めるための準備活動なのです。

 

 

次の記事はこちら↓
楽しく働いている人に共通すること -自分らしく働く(3)