知らないうちに就職活動が始まる ー自分らしく働く(1)

「就活」と言う言葉は、大学3年生くらいから、にわかに現実味を帯びてきます。

 

周りの友達が「インターンに行った」とSNSに書いていたり、

学校から「とりあえず○○ナビと△△ナビには登録をするように!」と促されたり。

 

「働く」ということをきちんと考える機会もないまま、

周りからのなんとなくのプレッシャーや雰囲気に押されて、慌てて、

「就職活動・・・! 何かしなければいけない!」と焦る方も少なくないでしょう。

 

そうして、よくわからないまま、とりあえず履歴書を提出してみる。

やがて、インターン落選の連絡が届いたり、書類選考に落ちたりして、

「あれ、就職活動って、思っていたよりも、なんだか厳しい・・・」と思い始めます。

 

そんな中、徐々にではあるけれど、心にささやきが生まれます。

 

「みんなが知っているような有名な会社には入れないのかな」

「学歴による優位差ってあるのかな」

「こういう時にツテやコネがあればいいのにな」

 

ささやきは後悔と嘆きに変わります。

 

「就活、もっと早く準備しておけばよかった!」

「自己分析をもっと真面目にやっておけばよかった!」

「もう大手は入れそうにない」

「今更、憧れの業界なんて目指せない」・・・

 

ここまで分かりやすい極端な展開はなかなかないにしても、

就職活動に励んでいる学生さんのお話しを聞くと、多かれ少なかれ、

こういった心のざわざわがあるようです。

 

でも、就職活動って、本当にこんな、

心がひりひりするようなものばかりでしょうか?

 

 

次の記事はこちら↓
自分が求める働き方を見つけよう -自分らしく働く(2)

 

 

 

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。