質問⑥ 適性検査の意図は何ですか? ―社会人になった「今」だから聞けること、聞いてみました(7)

今回は、面接に関係するのか気になる適性検査について伺いました。

<内定者から採用担当への質問⑥>
適性検査の意図は何ですか?

<採用担当者の回答⑥>                               
適性検査は、人事データとして残す意図が強いものです。
毎年同じ適性検査を行っていれば、応募者の傾向をデータとして把握することができます。
そのため、一人ひとりの適性検査の結果を見ながら、面接を行うことはあまりありません。
面接において重視するのは、履歴書や面接の場での言動です。

ただし、採用か不採用かを決定するときに、
面接での評価を適性検査の結果と見比べてみることはあります。
その観点では、あまり自分を飾りすぎずに面接に臨んだほうが良いと言えるでしょう。

次の質問はこちら↓
質問⑦ 就活生のどこをみているのですか?

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。