質問④ 業界の絞り方にはどんな方法がありますか? ―社会人になった「今」だから聞けること、聞いてみました(5)

今回は、業界の絞り方について伺いました。

<内定者から採用担当への質問④>
業界の絞り方にはどんな方法がありますか?

<採用担当者の回答④>
業界を絞るにあたって大切なのは、自分なりの価値観と軸を持つことです。
仕事の本質は、「誰に、どのようなニーズに対して、どのような価値を提供するか」にあります。

「どのような人がお客さまで、どのような悩み・ニーズを抱えているか」、
「それは自分にとって重要な軸か、悩み・ニーズを自分は解決したいと思うか」、
「企業が提供する価値(サービスや商品)を自分は魅力的に感じるか」、
そして「その業界に将来性はあるか」・・・。

こういった軸で、自分の「らしく」と企業の「らしく」をすり合わせながら評価するといいでしょう。

具体的な方法としては、業界得点表をつくり、
上記のような項目に自分なりの評価軸で判断していくのがおすすめです。

ここまで準備していくと、なぜこの業界を選んだかという問いに対する答えも、
「なんとなく」で選んだ就活生の回答とは雲泥の差がつき、
説明会でインプットされる情報の質も全く違うものとなります。

業界研究をする際は、ぜひ自分なりの価値観と軸をもちながら取り組んでみてくださいね。

次の質問はこちら↓
質問⑤ 説明会でしないほうが良い質問はありますか?

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。