面接に平常心で臨むには(前編) ―面接に備えよう! ~自分らしさをPRしよう(10)

面接を成功させるには、準備が必要とはよく言われることですね。
「でも準備って具体的には何をすればいいの?」と思う方もいるのではないでしょうか。
そこで、どのような面接でも共通する準備の基本についてお伝えします。

■最大のポイントは「平常心」!

どんな面接においても共通するポイントは、たった一つです。

それは「平常心で臨む」ことです。

志望順位が高ければ高いほど、平常心を保つことが難しくなり焦ってしまうものです。
では、人間は焦るとどうなるのでしょうか。

① 人の話が聞こえなくなる
② 自分が何をしゃべっているかわからなくなる
③ 焦りが焦りを呼んで、話すスピードが速くなる
④ 質問に答えられずにパニックになる
⑤ 相手の質問に的確な返答ができなくなる

このような状態になってしまうと、面接のクリアはかなり難しくなりますが、
逆に言えば「平常心で臨めば」通過できる可能性は開けてきます。

■「平常心で臨める状況作り」=「焦る状況を防止すること」

平常心で臨む状態をイメージするのは、難しく感じるかもしれません。
そんな時は逆に、「自分が焦る場面」がどんな時かをイメージしてみましょう。
そして、そのような状態に陥らないようにするにはどうすれば良いのかを考えてみるのです。

「自分が焦ると思われる状態を予防する」ことが平常心へのヒントになります。

■平常心を生み出す具体的な方法

「自分が焦ると思われる状況」として、例えば、面接会場がわからず道に迷ったり、
面接開始時の自己紹介で焦ったりといったことがあげられます。

その対策として、次の3つを試してみましょう。

① 指定受付時間の20分前に到着するように出発する
② 受付の方と面接担当の方への挨拶を利用する
③ 待機室では自分の手帳やノートを見直し、呼吸を整える

ぜひこれらの方法を実践して、平常心で面接に臨んでくださいね。

次の記事はこちら↓
面接に平常心で臨むには(後編) ―面接に備えよう! ~自分らしさをPRしよう(11)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。