自分が本当にやりたいことを考える ―秋採用に向けて(1)

就活生の皆さんの中には、秋採用を行う企業への応募を
考えている方もいると思います。

しかし、秋採用はあくまで「春夏採用の補充」として実施されるケースも多く、
これまで自分がこだわっていた仕事内容の募集があるとは限りません。

■「秋採用」で希望職種の募集がなかったら

例えば、コンサルティング職希望で就活をするもなかなか内定が取れず、
秋採用にかけてみたものの、この時期には営業職の募集しかなかったとします。

あなただったらどうしますか?

コンサルティング職を募集している企業が現れるまで待ちますか?
それとも「仕方なく」営業職に応募してみますか?

■「本当に自分がやりたいこと」を真剣に考える

そんな時に思い出していただきたいのが、そもそも自分は、
なぜその職種(この場合であればコンサルティング職)を希望していたのか、
ということです。

例えばその理由が、「お客さまのお悩みを聞いて解決に導いてあげたいから」だとします。
はたしてそれは、コンサルティング職でしか実現できないことなのでしょうか。

そんなことはないはずです。
どんな職種であっても、広い意味では「相手の悩みを解決する」仕事に
つながっているのではないでしょうか。
(例えば、医師や弁護士はもちろん、販売職や教員などもそうですよね!)

そういった意味で、営業職はお客さまのニーズや困りごとを解決するための
「提案」ができる格好の仕事と言えるかもしれません。

本来の希望とは違う職種に就くことになっても、重要なのは、その仕事に対する姿勢であり、
自分が心の底から「お客さまの悩みを解決したい」と思っているのであれば、
どのような内容の仕事でもそれは実現可能なのです。

辛い時期が長い分、秋採用で内定を勝ち取った方には実際に仕事に就いてから、
悩んだ分、辛かった分、「本当に自分に合う就職ができた」と感じてほしいと思うのです。

いま一度、「本当に自分がやりたいことは何か」を
真剣に考えて、書いて、言葉することで「内定」を取ることに近づいてくださいね。

次の記事はこちら↓
業界・企業分析が必要な理由 —秋採用に向けて(2)

就活生の持つ"自分らしさ"と、
企業で働く社員の"自分らしさ"をマッチング

「らしく」は、「自分らしく働く、を応援しよう」から命名した、新しいサービスです。「らしく」は、就活生の持つ”自分らしさ”と、企業で働く社員の”自分らしさ”をマッチングさせ、就活生の皆さまに、満足度の高い就職活動を実現していただくことを目指しています。