インソース社員でビラ配りを行いました!

インソースの小泉です。
今週月曜日から水曜日にかけての3日間、
らしくメンバー以外の社員も巻き込んで、総勢約100名でチラシ配りを行いました!
(全社的なイベントのため、社内では「チラシ配りオリンピック」という名称で呼んでおります。)

場所は関東、関西の主要大学で、2人1組のペアで1日2時間、指定された場所にスタンバイし、
3日間で計5757枚ものチラシを学生向けに配布いたしました!

なお、当日の朝には各拠点の社員も本社に集まって(関西とはオンライン接続で)
ビラ配りの極意、効果的な渡し方などをらしくの代表よりレクチャーし、
全員で発声練習してからそれぞれの担当箇所へ散りました。

このようなイベントはなかなかないため、面白かったです。

また、チラシ配り終了後には、各々から、

 ・2.5m前から、相手とほぼ正対するぐらいのイメージで声をかけると良い
 ・2名(男女)ペアの場合は、まずは男性からアプローチすると受け取ってもらえる可能性が高い
 ・ビラ配りを避けるように進路を変えた人は、歩み寄ると根負けしてもらってくれることがある。
 ・二段構えで1人目が認知取って2人目が渡すと上手くいくことがある
 ・全体に宣伝をしつつ、渡すときは個人に話しかけに行くほうがよさそう
 ・テレアポと同じで、声をかける人数が多いほど渡すことができるので、めげないことが大事

という、非常に具体的なフィードバックをいただきました。

ただただチラシを配布するのではなく、
「どうしたら受け取ってもらえるのか」、「効率良く多くの人に渡すにはどうしたら良いのか」等、
意味を考えることが大事だと気付かされました。営業の業務にも活かせる要素がたくさんありますね。

社員1人1人からフィードバックをいただいたので、ナレッジがたくさん溜まりました。
研修会社のインソース、今後はチラシ配布に関する研修も実施できそうな勢いです!

ちなみに…先日のビッグサイトで250枚ものチラシを配った渡辺さん、
今回のオリンピックでは25枚しか配れなかったそうです。

配布枚数は、場所によってだいぶ左右されるみたいですね(笑)